7つのエクササイズで猫背改善♪

    〈 お腹ポッコリ猫背に効果的なエクササイズ 〉

その1 ヒップリフト〜猫背矯正につながる骨盤のゆがみを改善~

【ヒップリフト~猫背矯正につながる骨盤のゆがみを改善~】

猫背につながる骨盤のゆがみは、お尻の筋肉が弱くなることが原因のことが多く、骨盤からつながっている背骨も上手く動かないことが多いです。

 

そんな、骨盤から起こる姿勢のゆがみを改善する為のエクササイズが「ヒップリフト」。

お尻の筋肉を鍛え、背骨の動きを引き出すことで、骨盤からのゆがみを改善していきます!

 

<お腹ポッコリ猫背の方のポイント>

お腹ポッコリ猫背の方は、腰が反ったままになっているので、背骨を丸める動作が苦手です。

お尻を上げるときに、腰が反ったままにならないように、一度腰を床に押し付けるようにしてみてください!

その2 デッドバグ〜猫背矯正につながる腰の反りの改善~

【デッドバグ~猫背矯正につながる腰の反りの改善】

腰が反ることで、背骨の適切なカーブが崩れます。

猫背を矯正する前に、まずはもっと下の腰の反りを改善する必要があります。

その為には、腹筋を鍛える必要があります。

腹筋はいわゆる上体起しではなく、もっと中側の筋肉を鍛えることで、腰の反りを抑えられます。

その為のエクササイズがこちらのデッドバグです。

 

<お腹ポッコリ猫背の方ポイント>

お腹ポッコリ猫背の方は、腰が反りやすいので、この体勢で腰の隙間が大きく広がりやすくなります。

腰の隙間は常に手の平一枚くらいをキープしておきましょう!

その3 4スタンスストレッチ〜猫背矯正につながるストレッチ~

【4スタンスストレッチ~猫背矯正につながるストレッチ~】

猫背の方は、背中の筋肉も固まっていることが多く、これが原因で肩の痛みや肩こりなどにも繋がっていることが多いです。

そんな固まってしまった背中の筋肉を伸ばすストレッチがこちらの4スタンスストレッチです。

 

<お腹ポッコリ猫背の方のポイント>

お腹ポッコリ猫背の方は、この筋肉はかなり硬くなっています。

ちょっときついな、という場合は、手の置く位置を少し近めにして行うと、やりやすくなります!

その4 クラム〜猫背矯正につながる内股改善エクササイズ~

【クラム~猫背矯正につながる内股改善エクササイズ~】

お腹ポッコリ猫背の方は、骨盤のゆがみと連動して、内股になっているケースが多いです。

この場合、O脚やX脚などにつながることや、膝痛、脚のむくみなどにも繋がっていきます。

そんな、内股を改善するのがこちらの「クラム」。お尻の筋肉を鍛え、猫背につながる内股を改善していきます。

 

<お腹ポッコリ猫背の方のポイント>

お腹ポッコリ猫背の方は、この体勢になると腰が反ってしまいやすくなります。

腰が反らないように、先ほどの「デッドバグ」を思い出して、お腹を締めながら行ってみてください!

その5 プランク〜猫背矯正につながる体幹の筋トレ~

【プランク~猫背矯正につながる体幹の筋トレ~】

お腹ポッコリ猫背を改善するには、お腹の筋力が必須です。

先程の「デッドバグ」に慣れてきたらこちらのエクササイズにチャレンジしましょう!

よりしっかりお腹を鍛えることで、お腹ポッコリ猫背を改善していきます。

 

<お腹ポッコリ猫背の方のポイント>

お腹ポッコリ猫背の方は、腰が反りやすいので、腰が反らないようにしっかりお腹を締めて行いましょう!

その6 リバースプランク〜猫背矯正エクササイズ~

【リバースプランク(呼吸)~猫背矯正エクササイズ】

いよいよ直接猫背の部分を矯正していきます!

猫背の方は、肩が内側に入り、胸や肩の筋肉が硬くなっています。

そんな硬くなった筋肉をストレッチしながら、弱くなった肩甲骨や背中の筋肉を鍛えるのがこちらの猫背矯正エクササイズです!

 

<お腹ポッコリ猫背の方のポイント>

お腹ポッコリ猫背の方は、この体勢で胸を張ろうとすると、胸ではなく腰が反ります。

胸を張るよりも、まずは手で床をしっかり押して、肩を下げるようにしていきましょう!

その7 スワン~猫背改善エクササイズ〜

【スワン~猫背改善エクササイズ~】

猫背矯正の最後は、実際に猫背で丸まった背骨を反らしていきます。

お腹を締めたまま行い、腰ではなく猫背で丸まった胸の部分を反らしていきます。

今までのエクササイズの総仕上げです!

感覚を掴むのが少し難しいですが、その分出来た時の猫背矯正効果も高いです!

 

<お腹ポッコリ猫背の方のポイント>

お腹ポッコリ猫背の方にとっては、腰を反らさないことが何より難しいです。

まずは頭を上げる前に、この体勢で呼吸の練習からスタートしましょう!