猫背と背骨

≪キレイな姿勢の背骨はどんな状態?≫

 

「猫背」の改善にとっても大切な「背骨」についてお話をさせてもらうわね!


 背骨は、

首(頚椎)

胸(胸椎)

腰(腰椎)

お尻(仙骨)

尻尾(尾骨)


 といくつかのパーツに分かれていて、全体的にはアルファベットの「S字」を描く様に出来ているのよ。


その中の胸の背骨は、生まれ持って後ろに弯曲しているんだけど、

その後ろへの弯曲が強くなって背中が丸まり、肩や頭が前に出ている状態というのが、いわゆる「猫背」という姿勢なのよ。

 人間の関節には、関節の構造上、得意な動きや不得意な動きがあったり、

安定させることが大切な関節や、自由に動かせることが大切な関節などがあるの!


 例えば、腰の背骨(腰椎)は安定させることが大切で、胸の背骨(胸椎)は、自由に動かせることが大切だと考えられているんだけど、「猫背」の人は、背中を丸めて、胸の背骨や肋骨が固まってしまっている人が多いのよ!!


 そうすると、胸の背骨が上手く動かせないから、本来は安定させたい腰の背骨を過剰に使ってしまったりして、腰痛を引き起こしてしまっている人がたくさんいるわ。


 特にゴルフをしている人は、日々のデスクワークで、ももの付け根の股関節や胸の背骨が硬くなっているのに、スイングを繰り返すことで、腰が代わりに頑張って、

傷めてしまっている人はたくさんいるわね。


 そう考えると、この固まってしまい、動きが悪くなりやすい胸の背骨を動かせる様にしていきたいんだけど、その為には、先ずは過剰に動きやすくなってしまっている、骨盤や腰の背骨を安定させられる様にしてからでないと、なかなか胸の背骨をコントロールしながら動かせないの。


 だから、「猫背」を改善する為にいきなり、猫背の部分を矯正!ではなくて、先ずは腰回りの安定性を高めることが大切って覚えておいてちょうだいね♪