ポッコリお腹タイプ別改善法② ~土台のお腹の引き締め~

今回は②の土台ポッコリ、脂肪スッキリタイプについて、 お話させて貰うわね。


このタイプの人は、お腹ポッコリ猫背の様に、骨盤の位置が本来の位置から歪んでいたり、お腹の奥の筋肉が上手く働かなくなっていて、お腹が出てきてしまっているの。
 

このタイプの場合、この前お話した①のタイプとは逆で、脂肪を燃やす様な運動よりも、骨盤の歪みを改善したり、土台となるお腹周りの筋肉を引き締めた方が効果的!
 

お腹の筋肉というと、どうしてもボコボコに割れる「腹直筋」という、一番表の筋肉をイメージしてしまいがちだけど、ポッコリお腹を引き締める為には、一番奥の「腹横筋」という筋肉が大切。


 だから、この「腹横筋」を引き締めることで、お腹が引っ込むの!
ボコボコに腹筋を割りたい場合は、あわせて「腹直筋」のトレーニングが必要
なんだけど、先に「腹横筋」を使える様にコントロールしておかないと、「腹直筋」に引っ張られて、かえって背中が丸まってしまったり「腹直筋」が強すぎると奥の「腹横筋」の
働きが悪くなってしまったりするんだって。



この「腹横筋」と呼ばれる、一番お腹の奥にある筋肉は、「ベルト」や「コルセット」の様にお腹から腰までをグルッと取り囲む様についているのよ。



じゃあ、どうやってその大切な「腹横筋」を鍛えるかというと、ピラティスの呼吸だったり「きゃっとばっく」で行っているエクササイズなどが効果的♪





仰向けに寝て行う、「デッドバグ」のエクササイズなんかは、脚や腕を伸ばしたりした時にも、骨盤を保つ為に「腹横筋」がしっかりと働いて、だんだんと強くなったり、使える様になっていくよ。
 


ということで、土台ポッコリ、脂肪スッキリタイプの人は、「きゃっとばっく」で普段行っているエクササイズを続けていけば、お腹が引き締まるわ♪